CG

3DCGは独学可能なのか【趣味で始めた人向け】

投稿日:

3DCGは独学可能なのかという疑問について、半年独学してみた筆者が答えていきます。

 

3DCGを始めたい

FFに出てくるようなキャラクターを自分でつくりたい

この記事はこういった気持ちを持っている方にぜひ読んでいただきたいです。

 

始めに言っておきますと、私はCG系の仕事をしてるわけでもないですし、美術の専門学校に通っているわけでもありません。文字通り趣味で3DCGを学び始めた人です。

なので私の立場上、CG関連の将来性についてポジショントークは全く行えませんので、タイトル通り3DCGは独学可能なのか」という疑問に対して答えていきます

(3DCGを仕事にしたい方へ向けてちょっとリサーチもしてみました。本記事の最後の項目にあるので読んでいただければ幸いです。)

 

結論から言いますと、3DCGの独学は可能です。3DCGを始めたいと考えている方はぜひ始めてみることをおすすめしたいです。

 

根拠として、私自身が独学できていることに加え、実際に独学で3DCGを仕事にしている人がいる(前例がある)ことを挙げておきます。

以下では、3DCGの独学方法の紹介と、私がなぜ独学していけたのかについて半月3DCGを学びつつ学んだ知見を加えつつまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

■3DCGの独学は可能である

私は趣味で3DCGを始めた人です。なので、趣味で3DCGを始めたいと考えている方にはぜひやってみてほしいと伝えたいです

以下では3DCGを独学する上で必要となる事柄と、心に留めておいてほしい独学のデメリットについて話します。

 

 

・3DCGの独学に必要なスキル

3DCGの独学に必要なスキルと環境について話します。

 

3DCGを独学する上で最も重要となるのが、わからないことを検索することです。これは何を独学するにしても必須のスキルであることはご存知の通りです。しかし、3DCGには答えがない疑問が多いので、自分で答えを見つけることが求められます

 

具体例として、「体のモデリング方法」を知りたい場合を挙げてみましょう。

数学の問題と違って体の構造に正誤はないし、実際に検索してみても1からモデリング方法を解説しているサイトは見つかりません。

このような場合は、実物の体の画像を参考にしたり、誰かがモデリングしたデータなどを使ったりして納得できるまで試してみて、自分で解決するしかないんです

 

3DCGの独学を進めていくと、このような疑問がたくさん出てくるので、一つ一つ調べて解決していくことが必要になります

 

特に人体をつくりたい方は、顔から筋肉の構造まで検索することだらけになるので、学習時にはスカルプターのための美術解剖学という本が便利です。

スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版-

スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版-

アルディス・ザリンス, サンディス・コンドラッツ
5,400円(11/12 19:30時点)
発売日: 2016/11/26
Amazonの情報を掲載しています

 

 

また、独学したことをアウトプットする場も必要です。

アウトプットすることは、学んだことを使えるスキルにするために必要なのはもちろんのこと、自分の作品を観てもらうことでモチベーションを上げることにもつながります。要はいいこと尽くしってことです。

幸い現在は、Artstationsketchfabといった自分の作品を無料で世界中に公開できるツールがそろっているので、自分のアカウントを用意さえすれば世界中の人に見てもらえます。

 

個人的にはTwitterに3DCG学習用のアカウントをつくって、自分でつくったものを公開するのもおすすめです。わからないことをつぶやいたりすると答えを教えてくれることもあるのでぜひ試してみてください。

 

 

 

 

・3DCGの独学にはデメリットもある

さて、3DCGの独学を始めるにあたって知っておいてほしいこともあります。

要は独学のデメリットについてです。ここで紹介する3DCG独学のデメリットは過去の私に教えたい内容です。

 

◆課題設定は自分でする必要がある

学校や仕事ではないので、自分でつくりたいものをつくれます。良く言えば自由ですが、自分でつくりたいものを決めることはなかなか難しいです。

3DCGを独学していると、わからないことがわからなくなるので、学習を始める前の段階で学習するべきことをまとめておくことをおすすめします。

 

例えばオリジナルフィギアがつくりたい人を挙げます。顔のモデリング方法を初めに学んで、次は体、次は衣装、、、のように具体的に決めておくことで独学に詰む可能性を下げられます。

これはZBrushというソフトを使用すること前提ですが、フィギュアのつくり方ならこちらの本で学習すれば最速で学べます。

ZBrushフィギュア制作の教科書

ZBrushフィギュア制作の教科書

榊 馨
発売日: 2016/04/26
Amazonの情報を掲載しています

 

 

◆モチベーションが保ちづらい

独学していると自分の作品に意見を言ってくれる人がいないため、続けるためのモチベーションを維持するのが難しいです。

この問題の対処法は、自分の作品を公開することです。SNSや先ほど紹介したArtstationなどのサイトを通じていろんな人に見てもらうことでモチベーションを保ちやすくできると思います。

 

なお、作品を公開するのは、自分のためであることを忘れずに。他者からの評価は副産物に過ぎません。要はツールは使うべきものだから、使われないように注意ってことです

私自身SNSをやっていて、これをやらかしている方を何人も見てきているので警告ってことで覚えておいていただきたいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

■3DCGを半年独学して学んだこと

実際に3DCGを独学して学んだこと、3DCGの将来性をちょこっと調べてみた情報を説明します。

 

 

・「これをつくりたい」という気持ちが大切

3DCGの独学を続けるためには、これをつくりたいというモチベーションがとても重要です

学習を続けていると自分が何をつくりたかったのかわからなくなったり、ある程度完成したことで満足してしまったりします。このような状況にならないために、モチベーションを維持することは大切です。

 

独学は自分から動かないと何も学べない、リアクションも起きないのでモチベーションを保てるように目的をもっておきましょう。

 

私自身もともとゲームキャラクターをつくりたいと思って始めたわけですが、モチベーションを保てなくて2回ほど挫折しています。

モデリングを始めて半年たちますが、やはり初期のころが一番モチベーションがあったなあと痛感しております。

 

3DCGの独学を始める方は、現時点で持っているこれをつくりたいという気持ちを忘れずに学習をスタートさせましょう!

 

 

 

・3DCGの将来性についてリサーチしてみた

3DCGの将来性についてリサーチしてみたので、私が学んだ情報を紹介します。

なお、ネットで検索しただけですので、書いた人の偏見が混ざっていることはあらかじめ了承してください。

 

◆3DCGは演算処理が重い

3DCGの演算処理はPCにとって大きな負荷のかかるタスクです

将来的に3DCGを仕事にしたいなら、それなりのPCを使うことをおすすめします。

例えば3DCGの最終工程にレンダリングという処理がありますが、下手すると数時間かかってしまいます。そもそもPCのスペックが低いと処理落ちしてできないこともあります。

また、フォトリアルな3DCGはデータ量が大きいので、PCのスペックが低いと扱うだけでも大変です。

 

私自身3DCGを学び始めたときはノートPCで始めたわけですが、買い替えてみたらフリーズはなくなるは、処理が軽いはでいいことしかなかったのでおすすめします。

 

PCを購入する際は、ドスパラ というサイトがコスパ最強なのでぜひ検討してみてください。

ドスパラ公式サイトへのリンク

 

予算15万以内のPCをコスパ比較した記事もあるので参考になるかと思います。

おすすめモデリング向けPCの買い方【税込15万円以下で比較】

 

 

◆3DCG関連職の年収は?

 

日本:CGクリエイター・CGデザイナー:300~500万円

US: 3D Artist 平均約700万円 $64,075(https://www.glassdoor.com/Salaries/us-3d-artist-salary-SRCH_IL.0,2_IN1_KO3,12.htm

 

 

海外の方が優遇されているようです。収入を増やす選択肢にフリーランスが挙げられます。

また、最近ではアマチュアの方がクラウドソーシングを利用して、従来よりも格安でモデルをつくったり、イラストを描いたりするため、相場が下がってきているという情報もTwitterで見かけました。

 

余談ですが、日本ではCGクリエイターとかCGデザイナーって呼んで、海外では3Dアーティスト、CGアーティストと呼ぶみたいです。

ここらへんからも境遇の差がちらっとみえました。

 

 

 

◆CGアーティストになりたい方へ

オープンソースソフトのBlenderを運営している会社が作成した、CGアーティスト・会社の人口の統計です。

どの地域にCGアーティストが多いかがわかります。動画の詳細欄から動画内のレポートをダウンロードできます。

観てみての率直な感想ですが、海外つえーと感じました。ちなみに日本も結構高い順位にいます。(Tokyoが強い)

 

 

これからの時代は海外とどんどんつながっていくので海外で仕事するのも選択肢に入るのかなーと思いました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

■まとめ

結論を繰り替えさせていただくと、3DCGの独学は可能です。

ただし、モチベーションの維持わからないことを自分で調べて解決する問題解決能力が必要になるので、そこらへんを意識しておくと独学がしやすくなるんじゃないかなと思います。

 

私は半年独学してやっと自分のつくったものをつくれるようになってきたので、Artstationで公開していきたいと思います。

 

 

 

この記事が3DCGの独学を始めるきっかけになってくれれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

3DCGを始める方へおすすめの3DCGソフトを紹介しています。どんな3DCGソフトがあるのかがわかります。

初心者へおすすめの3Dモデリングソフト4選

 

モデリングをしたい方向け。ペンタブ・液タブのおすすめ記事です。

5つの観点から比較!ペンタブの選び方のススメ【初心者向け】

コスパ重視!おすすめの液タブ3選【予算5万で徹底比較】

 

 

 

スポンサーリンク

当サイト(your-3d.com)の管理人のゆあーさんと申します。

このサイトでは、私がZBrushやunityなどで調べたことをわかりやすく共有出来たらいいなと思い開設しました。

読んでくださった皆様のお役に立てたら幸いです。

 

Twitter:

@yoursun3d

 

Booth(3Dモデル販売してます!):

https://your-3d.booth.pm/

 

Amazonほしいものリスト:

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/YIXXWB7FVXHG?ref_=wl_share