CG

5つの観点から比較!ペンタブの選び方のススメ【初心者向け】

投稿日:2018年12月25日 更新日:

ペンタブ選びで気を付ける点は?
初心者だからどのペンタブがいいのかわからない…
おすすめのペンタブの選び方を知りたい…

そんな疑問、悩みを解消します。初心者の方におすすめのペンタブの選び方を解説していきます。
この記事を読めば、自分に合ったペンタブを探すことができるようになります。

私がペンタブを実際に使用した経験から、初心者がペンタブを選ぶ際に気にするべきポイントをまとめていきます。

スポンサーリンク

 

■ペンタブの選び方のポイント

ペンタブを選ぶ際に気にするべき5つのポイントをまとめています。 初心者の方はここで紹介する5つのポイントを元にペンタブを探せば、自分に合ったものが見つけられます。

・価格

ペンタブの価格は、3,000円から30,000円ほどの幅があります。この幅は、ペンタブメーカーの違いともいえます。

各ペンタブメーカーは、以下のような認識で問題ないです。

高い製品→wacom
安い製品→HUION, xp-pen

自分に合った価格帯を決めておくと、ペンタブ選びで迷った際の比較基準にすることができます。

おすすめの価格帯は、~15,000円です。現在はペンタブのバリエーションが充実しているので、15,000円以内でも十分品質の高いペンタブを見つけることができます。

 

・サイズ

ペンサブのサイズはS、M、Lの3種類があります。各サイズの長さは各メーカーによって違いますが、ある程度の目安になる説明を加えておきます。

Sサイズ→ハガキ
Mサイズ→B5
Lサイズ→A4

 

初心者におすすめのサイズは、Mサイズです。理由は絵を描いたり、モデリングしたりするときに、最も手の大きさに合うサイズだからです。

また人によっては、Sサイズ→小さすぎる、Lサイズ→大きすぎるといったレビューも見受けられるので、中間サイズのMサイズを選ぶのがおすすめです。

 

・ショートカットキー数

ショートカットキー数は、4つ、6つ、8つ、12つのものがあります。ショートカットキー数が多いほど、多くのショートカットを作成でき、作業時間が軽減できます。

おすすめのショートカットキー数は、8つ以上です。

例えば、ペンタブでイラストを描く際によく使うツールは、以下の8つがあります。

1消しゴム
2ブラシ切り替え1
3作業をやり直し
4拡大
5縮小
6色を変更
7スポイト
8ブラシ切り替え2

上のショートカットキーは、イラストを描く際に多用するツールなので、ショートカットキーで使いこなすことで、作業時間を大幅に短縮できます。

基本的にショートカットキーが8つあれば充分です。ペンタブを選ぶ際の参考にしてみてください。

 

・接続方法

接続方法はUSB接続か、Bluetooth接続の2択です。

USB接続のメリットは、通信速度が早い(遅延が少ない)ことが挙げられます。

Bluetooth接続のメリットは、離れた場所で作業ができることが挙げられます。

 

Bluetooth接続が可能な製品は価格が上がってしまうので、初心者の方にはUSB接続のものをおすすめします。 遅延も少なく充電も不要なことに加え、価格が安く済ませることができます。

 

・筆圧レベル

筆圧レベルは、1024、2048、4096、8192の製品があります。筆圧レベルが大きいほど、ペンを押しあてたときの筆圧を細かく感知することができます。

筆圧レベルは大きい方が品質が良いのですが、おすすめは2048以上です。

2048レベルのペンタブでも、充分な筆圧の感知ができます。 ペンタブを選ぶ際は、2048レベルのものを探すのがおすすめです。

 

■まとめ

5つの観点から比較するペンタブの選び方についてまとめました。ペンタブ選びの参考にしていただければ幸いです。

 

・ペンタブ選びのススメ

価格、サイズ、ショートカットキー数、接続方法、筆圧レベルの5つの観点を解説してきました。 初心者におすすめするペンタブの選び方をまとめると、以下のようになります。

<初心者向け!ペンタブの選び方>
1.価格帯:~1,5000円
2.サイズ:M
3.ショートカットキー数:8つ以上
4.接続方法:USB接続
5.筆圧レベル:2048レベル以上

 

・おすすめのペンタブ

これまで説明してきたペンタブの選び方を元に、初心者におすすめのペンタブを紹介します。 おすすめは、「HUION Inspiroy Q11K」です。この製品のスペックを以下に載せます。

HUION Inspiroy Q11Kのスペック
1.価格帯:9,375円(2018/12/24時点)
2.サイズ:M(279.4mm×174.6mm)
3.ショートカットキー数:8つ
4.接続方法:USB接続(ワイヤレス可能)
5.筆圧レベル:8192レベル以上

このペンタブは、上記のペンタブの選び方を網羅した製品なので、価格帯9,375円(2018/12/24時点)が納得のいく場合は、こちらの製品がおすすめです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

当サイト(your-3d.com)の管理人のゆあーさんと申します。

このサイトでは、私がZBrushやunityなどで調べたことをわかりやすく共有出来たらいいなと思い開設しました。

読んでくださった皆様のお役に立てたら幸いです。

 

Twitter:

@yoursun3d

 

Booth(3Dモデル販売してます!):

https://your-3d.booth.pm/

 

Amazonほしいものリスト:

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/YIXXWB7FVXHG?ref_=wl_share