CG Unity

Unityに必要なスペックを詳しく解説【個人的推奨スペックも紹介】

投稿日:

Unityを快適に動かすために必要なPCのスペックは?

自分のPCでUnityは動かせる?

この疑問を解決するために実際に調べてみました。

 

無料でゲーム・アプリ開発の行える3Dゲームエンジン、Unityの動作環境について解説します。

 

記事前半で、Unity公式のドキュメントを元にUnityを動かすための必須スペックを解説していますが、本当に動作に必須なスペックしか記載されておらず実際にUnityを操作する際の目安になりません

そのため、筆者自身の経験を元にUnity制作におすすめの個人的推奨スペックについても紹介していきます。

PCの動作環境のキーワードについて簡単な解説も書いたので、PCについて知識が少ない方はPC周りの知識も学びながら読んでいただけるかと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

Unityの動作環境

Unityの動作環境についてまとめます。

Unity公式には動作に最低限必要なスペックしか記載されていなかったため、個人的におすすめのPCスペックについても紹介しておきます。

 

Unity Editor 必須スペック

以下の表は、Unity公式ページ(https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/system-requirements.html#other)から引用した、Unity Editor2019.4 LTSの動作環境です。

  Windows macOS
OS Windoes7, 10 64bitのみ Sierra 10.12.6+
CPU X64 architecture with SSE2 instruction set support X64 architecture with SSE2 instruction set support
GPU(Graphics API) DX10, DX11, and DX12-capable GPUs Metal-capable Intel and AMD GPUs

 

 

この表は、Unity2019.4 LTSの動作環境です。これからUnityを始める方は2019.4以前のバージョンを使うメリットがあまりないので割愛させていただきます。

 

OSについて

OSは最新バージョンにアップデートしておけば問題ありません。Windowsの方はWindows7が2020年1月にサポートが終了しているのでWindows10へアップグレードすることをおすすめします。

 

CPUについて

X64 architecture with SSE2 instruction set support

よくわからなかったので調べてみると、SSE2は2001年に発売されたCPUに初めて搭載された拡張命令セットのことだそう。

現在(2020年)販売されているPCなら問題なく動作するでしょう。

具体例を挙げると、Windows Core i3でも問題なく動作します。

 

UnityにおけるCPUの役割

CPUはPC内のあらゆる処理を行うエリアです。つまり、CPUの性能が良いほどUnity内でのプログラム処理や、実行速度が速くなります

 

GPUについて

DX10, DX11, and DX12-capable GPUs

これまたよくわからないので調べてみると、DX10(DirectX 10)は、2006年にリリースされたAPIの集合とのこと。

GPUについても、現在販売されているPCなら問題ないです。

低価格帯のPCに搭載されているGPUの例として、UHDグラフィックス620でも問題なく動作します。実機動作確認しました。

 

UnityにおけるGPUの役割

GPUは3Dグラフィック関連の計算処理を行うエリアです。

Unity内でオブジェクトが動いている映像を計算処理してモニターに映し出すことがGPUの役割です。

良いGPUほど高解像度でゲームや映像を観ることができます。

Unityで制作を行う側の場合、GPUさほど重要ではありません。極端なことを言うと、低価格GPUユーザーが高価格GPUユーザー向けのコンテンツを作ることも可能です。

 

 

Unity必須スペックまとめ

現在販売されているPCなら問題なし。低価格帯PC(5万円代)でも動作する。

 

以上がUnity公式ドキュメント 動作環境のページの情報を元に解説したUnityの必須スペックです。

これだけではさすがに現実味がないと思うので、Unityを日ごろから触っている1ユーザーとして私がおすすめの推奨スペックを紹介していきます。

 

 

Unity Editor 個人的推奨スペック

OS どっちでも可、iPhone用アプリ作成はmacOSでしかできない
CPU Intel Core i5以上
GPU 特になし(可能ならGeForce系)
メモリ(RAM) 16GB以上
ストレージ 1TB 以上

 

OS:どっちでも可、iPhone用アプリ作成はmacOSでしかできない

OSは好みの問題なので、WindowsでもmacOSでも好きな方を選びましょう

ただし、iPhone用のアプリやソフトはmacでしか作成できません。スマホゲームをつくってiPhoneユーザー向けにリリースしたい場合はmacOSにするのをお忘れなく。

 

CPU:Intel Core i5以上

CPUはIntel Core i5以上、または同程度のCPUを推奨です。

CPUの性能はPC自体の性能に直結するため、Unityを使う上でも一番コストを費やすべきポイントです。

CPU選びのポイントとしては、Intel Core i5-XXXXのXXXXの数値が大きいほど高性能になります。

参考元のCPU性能比較ページにおいて、スコアが1000程度あればストレスなくUnityが動作できるかと思います。

<参考>PC通販サイトのドスパラがCPU性能の独自比較を行った結果

https://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_intel_cpu

 

GPU:特になし(可能ならGeForce系)

GPUはUnityを使用するだけなら低価格のものでも問題ないです。

ただし、Unityで3D オブジェクトを扱いたい場合は、Blender等3Dモデリングソフトも使う必要がでてきます。

GPUの性能が良いほど快適にモデリングが行えるためキャラクターやアイテムを自作したい場合はGeForce系のGPUがあった方が後々便利です。

 

メモリ(RAM):16GB以上

メモリは16GB以上を推奨します。私は4GB、8GB、16GBと3つのメモリ量でUnityを使用してきました。

実体験を元に各メモリ量を説明するとこんなイメージ

4GB:フリーズ、重くなる頻度が多い

8GB:まれにフリーズ、たまに重くなる

16GB:安定、ごくまれに重くなる

 

実際にUnityでコンテンツを作る際は、Unity単体で開発することはなく、Unity以外にも3Dモデリングソフトやブラウザを開いていることが多いです。

この時メモリが不足しているとPCがフリーズしたりや重くなったりすることがあります。

私は4GBメモリPCから8GBメモリPCに買い換えましたが、8GBメモリでもたまにフリーズしていました。

16GBメモリに増設すると動作がとても安定したため、個人的には16GB以上のメモリ量を推奨します。

32GBメモリあれば十分ですが、正直そこまでなくても16GBメモリで事足ります。

参考までにUnity、Blender、ブラウザ(Chrome)を同時に起動している状態でのメモリ使用量は9GB程度です。16GBあれば使用率70%以下で安定して動作してくれます。

※追記※デスクトップPCの場合、メモリ増設は後からできるため8GB→16GBの増設もアリです。増設用8GBメモリ:4000円程度(2020年7月時点)。

 

HDD・SSD:1TB 以上

ストレージ量は1TB以上を推奨します。

SSDはHDDよりも動作が速くソフトやプロジェクトの起動が速くなりますが、HDDでも問題なしです。

ストレージはノートPC・デスクトップPC問わず後からいくらでも増設できるので、この点も覚えておいてください。

ストレージは年々安くなっており、2020年7月時点だと6000円程度で1TB外付けHDDが購入できます。(USB接続するだけでストレージが増設可能)

 

以上がUnity Editor 個人的推奨スペックの紹介でした。

確認のため、もう一度載せます。

OS どっちでも可、iPhone用アプリ作成はmacOSでしかできない
CPU Intel Core i5以上
GPU 特になし(可能ならGeForce系)
メモリ(RAM) 16GB以上
ストレージ 1TB 以上

 

このPCスペックを満たしているPCを少し調べてみると、6~9万円(2020年7月時点)で購入できそうです。

繰り返しになりますが、CPUとメモリだけは妥協しないことを推奨します

 

 

 

PC選びのコツ

最後にどこでPCを購入するかを迷っている方向けにオススメのPC購入サイトを紹介します。

結論からいうと、ドスパラからの購入がオススメです。

ドスパラは大手PC通販サイトの1つで、コスパが良いことで有名です。

自作PCが高コスパな場合もありますが、現在では完成品でも十分安く購入できます

ドスパラ公式ページ

 

2020年7月時点で調べてみると、以下のような性能のPCが購入可能でした。

Magnate MH

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i5-10400
GPU GeForce GTX 1650 4GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ 240GB SSD / HDD 無し

 

この性能のPCを購入し、外付けHDD1TBを購入すればだいたい税込み9万円以内で抑えられますね。

 

私自身、現在使用しているPCをどこで購入するか迷いましたが、数々のサイトを比較した結果ドスパラが一番コスパ良かったです。

Amazonで買うよりも安く済む場合が多いので一度調べてみることを推奨します。

ドスパラ公式ページ

 

 

以上、Unityの動作環境の解説でした。これからUnityを始める方の助力となれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

当サイト(your-3d.com)の管理人のゆあーさんと申します。

このサイトでは、私が3DCG関連ソフトやプログラミングについて調べたことを共有出来たらいいなと思い開設しました。

読んでくださった皆様のお役に立てたら幸いです。

 

YouTube: ゆあーさんチャンネル ほぼやってない

Twitter: @yoursunpy

Booth: https://your-3d.booth.pm/

 

Amazonリンク: https://amzn.to/2LpZCJb

上記リンクから買い物していただくことで購入金額の一部が僕に入ります。直接的なメリットはないですが、このブログを通して還元していけたらと思います。ご支援くださる方はよろしくお願いします。m(_ _)m

 

プロフィールページ作りました。
https://your-3d.com/profile/