CG

NVIDIA GauGAN betaの使い方:AIでリアルな風景を描く【簡単】

投稿日:2019年6月21日 更新日:

有名な半導体メーカーのNVIDIAが公開した単純なイラストから写実的な画像を自動生成する技術、GauGANのベータ版webアプリが公開されました。

AIの学習に必要なGPUをつくっている会社だけあってやることがぶっとんでますね。

 

今回はGauGANを試しに使ってみたので、簡単な使い方の説明を交えつつ、GauGANについて紹介していきます。

技術的な話は難しくてまだ僕自身理解できていないので、今回はできませんので悪しからず。

スポンサーリンク

 

本記事の内容

■NVIDIA GauGAN ベータ版の利用方法

■試しにペイントしてみた

 

 

 

■NVIDIA GauGAN ベータ版の利用方法

GauGAN ベータ版のWebアプリは下記リンクから利用できます。

https://nvlabs.github.io/SPADE/demo.html

 

ページを開いてもらったら、画面下部にある利用規約にチェックを入れます。

これで利用する準備は整いましたので、以下では具体的な利用方法を解説します。

 

GauGANのWebページは以下のような構成です。

1:ブラシサイズを調整

2:描きたい物体を指定する(指定したものによりペイント時の色が変化する)

3:キャンパスを初期状態に戻す

4:ペイント(マウスで左クリックしながらスライドでペイント)

5:塗りつぶし

6:AIにより風景を自動生成

7:AIの描写方法を変更できる

画面〇の部分で保存

手順2:で設定できる物体は下記の18種類です。

Sky Sand
Tree Snow
Cloud くも Water
Mountain Hill
Grass Dirt どろ
Sea Road
River Stone
Rock Bush 茂み
Plant 植物 Gravel 砂利

 

ちなみにデフォルトだと以下のようになります。

 

 

試しにペイントしてみた

試しに描いてみました。

雲海に山が突き出ている感じでペイントしたのですが、どうでしょうか?

ベータ版ではAIにより全て自動で行ってくれるので、細かいところの調整ができないですが、AIとは思えないほど写実的にペイントしてくれました。

 

2枚目は丘に川が流れている感じです。うん、とうとうAIが私の画力を超える時代がやってきました。

 

ペイントビューの下部にある数種類の画像を選択することで、描写のスタイルを変更できます。自分で用意した画像もスタイルとして使うことができますよ!

StyleGANといいGauGANといい、やっぱり世界一の半導体メーカーNVIDIAさんはすごいですね。

 

 

興味のある方はぜひ使ってみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト(your-3d.com)の管理人のゆあーさんと申します。

このサイトでは、私がZBrushやunityなどで調べたことをわかりやすく共有出来たらいいなと思い開設しました。

読んでくださった皆様のお役に立てたら幸いです。

 

Twitter:

@yoursun3d

 

Booth(3Dモデル販売してます!):

https://your-3d.booth.pm/

 

Amazonほしいものリスト:

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/YIXXWB7FVXHG?ref_=wl_share