ZBrush

ZBrushCoreで髪の毛束をモデリングする手順

投稿日:2019年2月4日 更新日:

ZBrushCoreで髪の毛束をモデリングしたい…

でもどうやってモデリングすればいいのかわからない…

 

こんなを解消します。私が現段階で使っている、髪の毛束を表現するための手順を紹介します。

髪の毛をモデリングしたいけど、方法がわからないと感じている方が多いのではと思い、この記事を書きました。

 

今回はDamStandardのみを使って髪の毛束をモデリングする手順を紹介。

1種類のブラシしか使わないため、複数のブラシを使いまわすよりもシンプルにモデリングできるかと思います。

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

■髪の毛束をモデリングする手順

私が使っている髪の毛束をモデリングする手順について解説します。

髪の毛のベースとなるオブジェクトはあらかじめできている前提で話を進めてます。

もしも、ベースの作り方も知らない方は、以下の記事を参考にしてベースの髪型をつくってみてください。

【ZBrush】髪の毛の作成(髪型づくり)【初心者向け】

 

・Alt+DamStandardで山をつくる

ベースとなるオブジェクト(以下:ベース)は画像のとおりです。

 

このベースに、Alt+DamStandardで山をつくっていきます。山をつくるときはベースの流れに沿ってモデリングしましょう。

 

山をつくるときに、ベースの流れを無視して適当にやってしまうと、髪の毛の凹凸がわかりづらくなり、結果として違和感が生まれてしまいます。

なので、髪の毛のベースの流れに沿わせて山を作ると、違和感のない毛束をつくれるはずです。

山をつくるときはなるべく一発で線を引いた方がいいですが、できない場合はAlt+DamStandardで少しずつ山をつくっていっても大丈夫。

 

また、山をつくるときは、ブラシサイズを大き目にすると凸がわかりやすくなるのでおすすめです。

一応画像中にもブラシサイズを載せているのでベースの大きさと比較して参照してみてください。

 

注意すべきポイントは山の峰(一番盛り上がっている曲線)がぐにゃぐにゃにならないようにすることです。スカルプティングだとどうしても線は「~」のように歪んでしまいます。

線のゆがみを解消するために適度にSmoothで滑らかにしてくといいと思います。

 

画像右側の毛束が山をつくった後。説明する都合上、画像の一部を加工しているので悪しからず。

 

 

 

次は谷をつくっていきましょう!

・DamStandardで谷をつくる

DamStandardで谷をつくっていきます。

谷をつくるときのポイントは、影となる部分を掘っていくことです。影となる部分とは、先ほどつくった山の盛り上がっている部分の淵になります。

基本的に谷をつくる際もベースの流れに沿って、山の盛り上がりが始まっている部分に谷を作っていきましょう。

 

また、谷をつくる際はブラシサイズを小さめにすると、せっかくつくった山を削らずに谷ができるのでおすすめです。

 

以下の画像が谷をつくった後です。今回は説明のわかりやすさのため髪の毛の正面しかモデリングできませんでしたが、周りも同様に山と谷をつくることでより髪の凹凸がわかるようになると思います。

 

 

・バランス調整

山と谷をつくり終えたら最後にバランス調整をして完成です。

Smoothをかけてしまうと山と谷の凹凸も多少崩れてしまうので、Smoothを使った後にDamStandardで調整してあげてください。

ここまでで、今回紹介したい髪の毛束をつくる手順は終わっているので、このバランス調整は各自お好みでどうぞ。

 

私がバランス調整した後は以下の画像のようになりました。

 

ここまでで、髪の毛束のモデリング方法の紹介は終わりです。

次に私が参考にしたおすすめの記事、動画を紹介します。

 

■髪の毛をモデリングする際に参考になる記事

髪の毛をモデリングする際に参考になる記事、動画の紹介です。今回紹介するのはお二方で、説明もわかりやすくてありがたい。

・隙間の人

以下の記事がおすすめです。

髪の毛のメイキング

このほかにも隙間の人さんはフィギュアのモデリングの解説や方法を発信してくれているので、知っておいて損はないです。

 

・kizakiaoi

以下の動画がおすすめです。

ZBrushCoreで髪の毛をつくる

kizakiaoiさんはZBrush(無印)を使っている動画も出されているので、ZBrush(無印)を持っている方は参考にできます。

 

 

 

■まとめ

髪の毛束をつくる際に注意するのが、以下のポイントです。

・髪の毛のベースの流れに沿って山と谷をつくる

・山をつくるときはブラシサイズは大きめで

・谷をつくるときはブラシサイズは小さめで

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

当サイト(your-3d.com)の管理人のゆあーさんと申します。

このサイトでは、私がZBrushやunityなどで調べたことをわかりやすく共有出来たらいいなと思い開設しました。

読んでくださった皆様のお役に立てたら幸いです。

 

Twitter:

@yoursun3d

 

Booth(3Dモデル販売してます!):

https://your-3d.booth.pm/

 

Amazonほしいものリスト:

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/YIXXWB7FVXHG?ref_=wl_share