【ZBrush】板ポリ髪のモデリング方法【おすすめブラシ紹介】

ZBrush
この記事は約6分で読めます。

ZBrushで板ポリゴンの髪の毛を作成する方法についてまとめていきます。無料かつ優秀なカスタムブラシを発見したので、今回はそちらを使用して板ポリ髪の毛をモデリングしていく方法を解説します。

内容は以下の通り。

 

<本記事の内容>

・板ポリ髪の毛の作成工程の解説

・板ポリ用ブラシの紹介【無料】

・板ポリで髪の毛をモデリングする方法

 

ZBrushで板ポリ髪の毛をつくる方法を調べていたわけですが、情報が少なく調べるのに結構時間を費やしました。しかしそのおかげで板ポリ髪の毛の仕組みも理解できたので、私の学んだ情報も共有できれば幸いです。

 

それではZBrushで板ポリ髪の毛を作成する方法を解説していきます。

 

[ad1]

 

 

 

スポンサーリンク

■板ポリ髪の毛のモデリング手順

板ポリ髪の毛からリアルな髪の毛を作成する手順は以下の通り。これは私が個人的に調べた情報をまとめたものなので、参考程度に見てくだされば幸いです。

 

<板ポリ髪の毛でリアルな髪の毛をモデリングする手順>

1.板ポリゴンを作成

2.髪の毛用テクスチャを作成

3.髪型に板ポリを配置

4.UV編集

5.板ポリに髪の毛用テクスチャを貼り付け

 

ご覧の通り、1から板ポリ髪の毛を作成するのは少々手間がかかります。特にテクスチャ・UVマップの編集においてはZBrushはそこまで強くないため、別ソフトで代用する方法が一般的かと思います

しかし、今回はRodesquaさんの公開しているカスタムブラシを使用することで、上記手順の1,2,4,5の工程をスルーしてモデリングすることが可能です。

 

ZBrushで板ポリ髪の毛をつくるには、おそらくこの方法が最短なのでまずは試してみることをおすすめします。慣れてきたら、板ポリを自作したり、テクスチャを自作したりすれば個性を出せるかと思います。

解説動画もありますのでそちらも確認しておきましょう。

Turning Fibermesh into Game Ready Hair In Zbrush 2018

 

 

 

スポンサーリンク

■板ポリ髪の毛のモデリング方法

それでは、Rodesquaさんのカスタムブラシを使用して、板ポリ髪の毛のモデリングする方法について解説します。

 

板ポリを用意

ZBrushには板ポリを生成できるブラシは用意されていないため、板ポリ用ブラシを自作orカスタムブラシをダウンロードして使用する必要があります。

下記リンクから板ポリ用ブラシを手に入れましょう。Rodesquaさんの無料で公開されているカスタムブラシを紹介します。

Free Groom Brushes for Zbrush 4r8 and Zbrush 2018 on Cubebrush.co
These are Groom Brushes that have been optimized and Tweaked to Help you sculpt better hair in Zbrush! Comes with a Hair Alpha texture, And a Fiber preset!

 

ダウンロード・解凍後、下記リンクに指定のファイルを移動しましょう。

・UV編集済み板ポリファイバーメッシュ

MyFibers.ZFP

LongHairCards_Game.zfp

→C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2019\ZFibersPresets

 

・カスタムブラシ系

Rod_Groom-XXXX-.ZBP

→C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2019\ZBrushes

 

これでライトボックスから読み込めるようになります。

 

加えて以下の画像ファイルを切り取ることで髪の毛のテクスチャを作成できます。自分のつかいやすいフォルダに保存しておきましょう。

Hair_Alpha.png

 

これで前準備は完了です。

 

板ポリ髪の毛をモデリングする方法

手順に沿って解説していきます。

 

1.髪の毛を生やしたい部分をマスク

 

2.ファイバーメッシュ読み込み

[ツール]>[ファイバーメッシュ]>[ライトボックス➤ファイバー]からLongHairCards_Game.zfpを選択。

こんな感じで板ポリがマスクをかけた部分に生成されます。

 

 

3.ファイバーメッシュのパラメータを調整

[ツール]>[ファイバーメッシュ]>[モディファイア]にて、ファイバーメッシュのパラメータを調整可能です。

基本的には以下のパラメータが重要です。

最大ファイバー数 髪の毛の本数
長さ 髪の毛の長さ
スリム 髪の毛の太さ
透明 テクスチャを透過させる度合い
カラー 髪の毛の色

色の付けたパラメータは、確定後変更ができないので注意してください。

 

[ツール]>[ファイバーメッシュ]>[確定]でファイバーメッシュが作成されます。

確定後の透過度については、[ツール]>[テクスチャマップ]>[透明]にて行えます。

 

 

4.ファイバーメッシュを編集

Groom系ブラシや、[ライトボックス]>[ブラシ]に先ほど移動したカスタムブラシを使用してファイバーメッシュを髪型に編集します

Groom系ブラシは画面の向きの影響が強く使いにくいブラシです。うまくいかないときは見る角度を変えてみてください。

ファイバーメッシュの扱い方に関しては以下の記事が参考になります。

ZBrush リアルな髪の毛のモデリング 【ファイバーメッシュ】 ファイバーメッシュの使い方

ファイバーメッシュで髪の毛を作る モデリング手順

 

 

あとはテクスチャを透過させれば、こんな感じにリアルな髪の毛を作成できます。(今度ちゃんとレンダリングしたやつに張替えときます。)

[ツール]>[テクスチャマップ]>[透明]で余計な部分を透明にできます。

 

 

 

ここまでがZBrushにて板ポリ髪の毛を作成する方法についての解説でした。

以下では私が学習時に参考になった記事や動画をまとめて紹介していきます。どれも質の高いものばかりなので目を通しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

■板ポリ髪の毛のおすすめチュートリアル

 

・板ポリ髪の毛のモデリング手順

板ポリ髪の毛のモデリング手順

 

 

 

・ZBrush ファイバーメッシュ関連

fibermeshで髪の毛を作る

ZBrush リアルな髪の毛のモデリング 【ファイバーメッシュ】

 

How to CONTROL FIBERMESH with POLYGROUPIT in Zbrush 2018 – 60 Second Tutorial

今回は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

[ad3]

 

タイトルとURLをコピーしました