プログラミング

ツイッターで自動フォロバをする方法【Python自動化】

投稿日:

Twitterでのフォローバックには時間的、精神的コストがかかると思っていませんか?

 

今回はTwitterでフォローバックを自動化するためのコードを、Pythonを使って書いたので紹介します。

この記事で紹介するコードは、フォローしてくれた人の紹介文(description)に指定文字列がない場合にフォローバックを実行します。

 

例えば、指定文字列を”副業”とすると、紹介文に”副業”という文字列が含まれているとフォローを返しません。

指定文字列がない場合は、フォローバックを実行できます。

 

個人的に、フォローバックにコストがかかると感じたので、実装してみました。指定文字列による選別は、主に勧誘アカウントを除外するためです。

いちいち長文のDMが飛んでくるのが、イラっときてしまうので、実装した次第です。

 

TwitterAPIを使うので、取得していない人はこちらの記事を参考にアクセスコードを取得してから読んでくださいね。

Twitter APIを使うための手順【2019年最新版】

 

スポンサーリンク

以下の流れで記事を書いていきます。

 

 

■Twitterで自動フォローバックするコード

Twitter公式が唯一自動化を認められているのがフォローバックです。ですが、フォロー全部を返していると、勧誘アカウントなどもフォローしかねないので、選別の作業が必要になります。

今回紹介するコードはそこらへんも加味して書いたので、コピペするだけで使えると思います。

 

・自動フォローバックコード

自動でフォローバックするためのコードは以下になります。

なお、今回はtweepyというライブラリを使うので、まだインストールしていない人は、

でインストールしてください。

 

 

以下でコードの中身を解説していきます。

 

・コードの解説

コードの解説をしていきます。かなりシンプルなので、改良すれば、あらゆる条件を付けてフォローするかの選別をできるようになると思います。

 

 

このコードはTwitter開発者アカウントを認証するための手続きです。” “の中に、自分の開発者アカウントのアクセスコードを入力してください。

手続きが終われば、「api」でTwitterAPIを呼び出すことができるようになります。

 

あなたのフォロワーを新しい方から順に50人まで読み込みます。取得できるデータは、ユーザーIDからツイート数、紹介文まで、ほぼすべてのデータを取得できます。

count=50は消しても大丈夫です。ただ、デフォルトで20人分しか取得できないのでその点に注意してください。

 

先ほど取得したフォロワーに対しての処理です。

desにフォロワーの紹介文が入ります。

 

このコードで、紹介文に指定文字列が含まれていた場合、フォローしません。

上のコードでは、ネットビジネス、副業、万のいずれかの文字が含まれている場合、フォローを返しません。

 

指定文字列が含まれていない場合は、自動でフォローを実行します。

create_friendship()メソッドが、フォローの処理を行っています。

 

 

■まとめ

今回はTwitterで自動フォロバを実装してみました。

参考にしたのはtweepyリファレンスとTwitterAPIのドキュメントなので、結構有益な情報になったのではないかと自負しています(笑)

tweepyReference

TwitterAPI Document

 

以上を参考に今回紹介したコードをいじれば、オリジナルの機能が実装できるかと。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

当サイト(your-3d.com)の管理人のゆあーさんと申します。

このサイトでは、私がZBrushやunityなどで調べたことをわかりやすく共有出来たらいいなと思い開設しました。

読んでくださった皆様のお役に立てたら幸いです。

 

Twitter:

@yoursun3d

 

Booth(3Dモデル販売してます!):

https://your-3d.booth.pm/

 

Amazonほしいものリスト:

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/YIXXWB7FVXHG?ref_=wl_share