プログラミング

DjangoとMySQLの連携方法【開発環境のつくり方】

投稿日:

DjangoからMySQLデータベースへの連携手順を解説します。WebアプリやWebサイトを作りたい!と考えた方の第一の関門が環境構築なのではないでしょうか。

環境構築は開発に必須ですが時間がかかっては本末転倒…

そうならないように、この記事ではDjangoとMySQLの連携方法をまとめておきます。手順通りに書くので上から順に実行していけば簡単に連携できるはず。

 

この記事の目標

DjangoからMySQLデータベースを使えるようになる

開発環境を構築し, 開発できる状態にする

 

 

使用環境

OS:Windows10

エディタ:Visual Studio2019

Django v3.0.5

使用ソフト:XAMPP(ApacheとMySQL)

 

私の場合、エディタはVisual Studio 2019を使用していますが、他のエディタでも問題ないです。

XAMPPWebアプリケーションの開発に必要なソフトウェアをパッケージ化したものです。XAMPPは無料で利用でき、OSに囚われず面倒な環境構築が簡単に行えます。

今回はXAMPP内に含まれるApacheサーバーとMySQLデータベースに、Djangoプロジェクトを連携していきます。

 

 

まずはXAMPPのダウンロード・インストールを以下のリンクから行ってください。

XAMPP

https://www.apachefriends.org/jp/index.html

 

 

スポンサーリンク

 

それでは、DjangoとMySQLの連携方法の解説を始めます。

手順

 

 

Djangoプロジェクトの作成

始めにDjangoプロジェクトを作成します。作成手順は人によって違うと思うので、細かい説明は割愛します。

Visual Studioで作成したDjangoプロジェクトは以下のような階層となっています。

 

コマンドで作成する場合、以下のコマンドで作成できます。

 

Djangoアプリも作成しちゃいましたが、今回は必要ないです。Djangoプロジェクトと書かれている部分のファイルがあるか確認してください。

 

 

XAMPPからMySQLの起動・データベースの作成

ここから本題です。XAMPPからApacheサーバー・MySQLを起動します。

 

XAMPPを開き、ApacheとMySQLのStartボタンをクリックします。

無事起動するとApacheとMySQLのPID(s)、Portが表示されます。

 

次に、MySQLのAdminをクリック。ブラウザからphpMyAdminページが表示されます。以下の手順でデータベースを作成するとデータベース一覧に新規作成したデータベースが表示されます。

新規作成->データベース名入力->作成

 

作成したデータベースにはテーブルがなにもないのを確認してみてください。Djangoから連携できると、ここに新しくいろいろなファイルが作成されます。

 

 

DjangoプロジェクトからMySQLデータベースにマイグレーション

Djangoプロジェクトに戻り、作成したMySQLデータベースにマイグレーション(migrate)をします。マイグレーションはDjangoプロジェクトに含まれるアプリケーションがデータベースを利用できるようにするための作業です。今回はDjangoに元々含まれているアプリ(管理用アプリや各種フレームワーク)をマイグレーションします。

 

mysqlclientをインストール

コマンドプロンプトを起動し、mysqlclientをインストールします。

 

mysqlclientをインストールすることでDjangoからMySQLデータベースをいじれるようになります。

別の方法としてはPyMySQLをインストールする方法がありますが、こちらは私の環境でエラーが出たので省略。逆にmysqlclientでうまくいかない場合はPyMySQLの方法を調べてみてください。

 

settings.pyを修正

次にsettings.py > DATABASE{}を修正します。デフォルトではsqliteデータベースを利用する設定になっているかと思います。XAMPPで作成したデータベースに連携するために以下のように修正します。

 

これでDjangoとMySQLデータベースを連携する手順はおわりました。

Djangoでマイグレーション

次に、manage.pyのあるディレクトリでコマンドプロンプトを開き、マイグレーションファイルを作成します。マイグレーションファイルはアプリの情報をデータベースに送るためのファイルです。

その後、マイグレーションを実行します。

 

 

 

MySQLへの接続確認

マイグレーションが成功していると、データベースにDjangoプロジェクトに含まれているアプリ・フレームワークのテーブルが作成されているはずです。

phpMyAdmin> 作成したデータベースを確認してみてください。以下の画像のようにたくさん表示されていれば成功です。

 

 

以上がDjangoとMySQLデータベースを連携する方法です。まとめてみると思った以上に簡単でした。

これでデータベースにDjangoから読み書きができるようになります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

当サイト(your-3d.com)の管理人のゆあーさんと申します。

このサイトでは、私が3DCG関連ソフトやプログラミングについて調べたことを共有出来たらいいなと思い開設しました。

読んでくださった皆様のお役に立てたら幸いです。

 

YouTube: ゆあーさんチャンネル ほぼやってない

Twitter: @yoursunpy

Booth: https://your-3d.booth.pm/

 

Amazonリンク: https://amzn.to/2LpZCJb

上記リンクから買い物していただくことで購入金額の一部が僕に入ります。直接的なメリットはないですが、このブログを通して還元していけたらと思います。ご支援くださる方はよろしくお願いします。m(_ _)m

 

プロフィールページ作りました。
https://your-3d.com/profile/