【VRChat】アバターにオリジナル3Dモデルを追加する方法

Unity
この記事は約4分で読めます。

VRChat用のアバターモデルへオリジナル3Dモデルを追加する方法を解説します。

 

3Dアクセサリーとは具体的には以下のようなものです。

・髪飾りモデル

・翼やリュック

・しっぽやエクステ(リグのあるもの)

VRChatでの利用を想定した3DモデルはBOOTHにてぼちぼち作成・公開されていますが、自分のアバターへ取り付けるための説明が少ないです

VRChat初心者の方はわりと深いところまで調べないとわからない…

そのため、3Dモデルをアバターへ追加する方法について本記事にまとめることにしました。

 

なお、今回はHumanoidリグを使用したアバターへ3Dアクセサリーを追加していきます。

 

スポンサーリンク

3Dモデルをアバターへ追加する方法

3Dモデルをアバターへ追加する方法を解説します。

今回は私のつくったオリジナル3Dモデルをアバターへ追加していきます。

 

1.3DモデルをUnityへ読み込む(ドラッグ&ドロップ)

まずは3DモデルをUnityへ読み込みます。ドラッグ&ドロップでOK

今回はUnityでマテリアルを作成し、モデルへ割り当てを行いました。

 

■3Dモデルの位置を調整

次に、読み込んだ3Dモデルをアバターに付けたい部分へ移動させます

今回はこんな感じ。

 

2.アバターへ追加する

位置の調整が終わりましたら、アバターのリグに関連付いているGameObjectへ追加を行います。

3Dモデルを設置した場所から一番近いGameObjectに追加すれば問題ないです

 

アバターへ3Dモデルを追加する

・頭に付けたい→Headオブジェクトへ追加

・背中に付けたい→Spineオブジェクトへ追加

・手足に付けたい→Handオブジェクト or Legオブジェクトへ追加

 

Unityちゃんを例に挙げると、以下の階層になるよう追加します。

Hips>Spine1>Spine2>Neck>Head>頭へ追加したい3Dモデル

 

ここまでが、アバターへ3Dモデルを追加する方法の解説です。

あとはVRChatへアップロードすれば問題なく使えます。

VRChatへオリジナルアバターをアップロードする方法は以下の記事にまとめました。興味のある方はぜひご覧ください。

VRChatへオリジナルアバターをアップロードする方法

VRChatへオリジナルアバターをアップロードする方法
VRChatへ自作アバターをアップロードする方法について解説します。 今回はUnityちゃんを使用。VRChat初心者のために、アバターをアップロードするために必要なアップロード権の入手から、Unity内でアバターをアップロードする具体的手順までをまとめました。

 

3.トラブルシューティング

3Dモデルを自作し、追加する際に問題が生じたので、その問題と解決法を備忘録として残しておきます。

 

・ポリゴン数が大きすぎる

3Dモデルのポリゴン数が大きいと、アバターのアップロードが行えません。できれば3万以下に抑えておきたいところです。

アバター自体のモデルは1万~2万ポリゴンがメジャーですので、3Dモデルをつくる際は5000ポリゴンを上限として作ることを推奨します。

ポリゴン数削減はBlender、ZBrush等を利用して解決できます。

 

・ポリゴン数 2147483647エラー(21億エラー)

3Dモデルを追加し、VRCへアップロードする際に生じることがあるエラーです。

モデル全体のポリゴン数が21億とのエラー警告がでますが、これはポリゴン数の問題ではありません。

解決法は、インポートした3DモデルのImport Settings内で「Read / Write Enabled」にチェックをいれることです。

 

このほかのエラーが生じたら随時更新していきます。

 

今回は以上になります。

今回説明に使用した3DモデルはBOOTHにて販売をしておりますので、興味のある方はぜひご覧下さい!

ゆあーさんさんストア 羊角モデル

ひつじ角モデル【ローポリ・Nmap付き】 - ゆあーさんさんストア - BOOTH
ひつじの角の3Dモデルです! 画像だと見づらいですが、角の模様もちゃんとあるのでご安心を! 角のオブジェクトは人型モデルのサイズによって調整できるように左右別々のオブジェクトとして入っています。 ひつじ角モデル:片方 約500頂点 ファイル構成 SheepHornePack.unitypackage 約2MB Shee...

 

 

この作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

タイトルとURLをコピーしました